「はぁ~。今月はチラシを○万枚配ったけど反響○件かぁ~!」なんてため息が出たり、
「もっといいやり方がないかなぁ~!」と思っている塗装業の経営者ならこのまま読み
進めてください。


なぜなら「今からできて」「お金をかけず」にサクッと反響率を改善するためのヒントをお伝えするからです。


この方法を知らないと、あなたが作った広告は反響率アップだけでなく、取り込みたくない
お客さんも呼んでしまいます。


「本当にそんなことがお金をかけずに改善できるの?」と思われるかもしれませんが、なぜそう言えるのかをこれから説明していきます。

今からできてお金をかけずにサクッと反響率を改善する方法とは?

まず、あなたに3つ質問をしたいと思います。

1.塗装店でも集客に困っていない会社があるのはなぜでしょう?

2.同じ地域でライバルと似た内容のチラシを配布しても、問合せや成約数が大きく違うのはなぜでしょう?

3.ライバルと似た内容のホームページを公開しても、全然問合せがないのはなぜでしょうか?

同じ質問を経営者が集まる交流会やセミナー、勉強会、集客の相談時にしてみました。
すると色々な答えがありましたが、集約してみると下の3つになりました。


・他がやってない、何か特別な事をして集客しているんじゃないか?
・広告費をライバルよりたくさん使ってるのではないか?
・ライバル会社社長の方が良い人脈を持っているんではないか?
などです。


しかし、残念ながら上の3つの中には今日からできて、お金をかけずに反響率を改善する方法はありません。


もっとシンプルで真っ当なある方法を、頭が割れるくらい突き詰めて考えているので集客に困っていないのです。

今「シンプルで真っ当なある方法」って何?と思ったあなたへ!

それって何?って思うかもしれません。
その答えは、「誰に向けて書くか?」をしっかり考えてから、チラシやホームページを作っているのです。


「なんだそんなことか!?」、「それだけ考えれば反響率や成約率が変わるなんて嘘だろ!?」と思う経営者の方も多いかもしれません。


そのお気持ち痛いほど分かります。私もこのことに気づく前はそうでした。


しかし、集客に困っていない会社を分析していくと、みなさん必ずといっていいほど、この「誰に向けて書くか?」を強く意識して広告を制作しています。

なぜそうすると反響率や成約率が改善できるのか?

たとえ話を紹介しながら、その理由を紹介していきます。


あなたは手紙やメールを書く時、相手をイメージして内容を考えていませんか?
友達や仕事の取引先などに、手紙を書いたりメールを送る時を思い出してください。


友達なら「あいつこんな事が好きだから今度一緒に行こうと書こう」、仕事の取引先なら「あの人はこういうタイプだから、こんな言い回しにしよう」など、相手の好きな事や行動パターン、求めている事などを考えつつ、相手が喜ぶことを伝えようとしませんか?


チラシやホームページも一緒です。広告だからといって構える必要もありません。
どんな商品・サービスでも、こういう人に買って欲しいという「誰に=ターゲット像」はあるはずです。


その「誰に」で設定した人が悩んでいることや好きなもの、行動パターンを把握し、私たちの商品・サービスならこう解決できるという「問題解決策」を分かりやすく伝えてあげればいいだけです!


そして、「誰に」で設定した人がライバルとあなたの会社を比べた時、あなたの会社の方が悩みを把握してくれていると分かると、「この会社、私の事よく理解してくれている」と共感してくれるようになり商品・サービスを購入してくれるようになります。

ライバルの表面だけ真似をしても反響率は改善しません!

どんな業界でもライバル企業で上手くいっていると聞いた会社のチラシや、ホームページの内容を参考にして作成したけど、全然反響がなかった!なんて話をよく聞きます。


でも、そうですね。


チラシやホームページに書いているメッセージが、誰に向けて書いているのかを分かってないと、表面上を真似したたころで何も良くならないのです。


商品・サービスを売りたい相手が、どんな悩みを抱えて、普段どんな行動をしているかをしっかり掴めれば反響・成約率を上げるだけでなく、売りたい時に商品を売れるようになります。


ぜひ一度チャレンジしてみてください。

設定した人の悩みを知るにはどうしたらいいの?と思っている方へ!

悩みのリサーチ方法やツールをアドバイスすることもできます。
あなたが現在行っているチラシやホームページのアドバイスも可能です。
お気軽にご相談ください!